結婚式への招待客について

結婚が決まり、結婚式に誰を呼ぶか招待状を作る上で一番頭を悩ますのが、招待客ではにのでしょうか?みんなに来て欲しいとは思いますが、会場の広さなどに配慮しながら、限られた人数の中で調整しなければいけません。新郎・新婦間の人数のバランスや、会社関係者、親族、友人といった層のバランスなどで会場の雰囲気もまったく異なるものになってしまします。どんな結婚式にしたいのかを考えて招待客リストを作りましょう。ゲストの人数は、会場の広さなどを十分考慮して決めます。人数の比率は、両家とも同じくらいにし極端に偏りがないようにするのがベストです。人数に偏りがある場合は卓数を揃えたり、共通の知り合いを少ない方に移したり、お互いの両親とよく相談して調整しながら決めれば良いとされています。人数が決まったら、いよいよゲストを選んでいきます。これまでお世話になった人たちの顔を思い出してリストアップしていきましょう。「必ず招待する人」と「人数に余裕があれば招待する人」に分けておきます。また、親戚関係については、ご両親でないと分からないことも多いので、事前に相談するようにしましょう。結婚式の招待状の文面で書くべきところは、本状の文面・差出人名義・付箋という3つの部分に分けられ、それぞれ細かいルールがあります。結婚式の招待状の文面を自分たちで考える場合は、下記のような文面例にアレンジを加えていくのが良いでしょう。大切なことは、“いつ” “どこで” “だれが” “どんな結婚式か”を分かりやすく伝えることです。また、発送年月日と返信期限も忘れずに記載しましょう。ゲストには目上の方が多くなるため、失礼のないように両家の父親の名前で出すことが一般的です。本人の名前で出したい場合は、友人や同僚のみにして、それ以外の親戚や上司には親の名前で出すようにしましょう。